第27回表団協セミナー

自動車車体用材料と表面処理 -自動車の軽量化に向けて-

日程

2017年2月16日(木) 13:30〜16:30

会場 東京ビッグサイト ASTEC/ SURTECHセミナ―会場(東4ホール会場内)
参加費 登録不要 / 無料※希望者は別途テキスト代 3,000円
13:30〜14:30 自動車用高強度鋼板の表面処理技術の最新の進歩 JFEスチール株式会社 スチール研究所 
鈴木 善継 氏
概要 バリアフリーかつ持続可能な社会の実現のためには、CO2排出削減に寄与し、環境に優しい自動車車体用軽量化素材が不可欠である。本報告では、近年急激に需要が拡大している高強度合金化溶融亜鉛めっき鋼板の表面処理技術について、技術課題や近年の進歩、ならびに今後の展望について概説する。
14:40〜15:40 自動車ボディおよび次世代自動車へのアルミニウムの適用 日本軽金属株式会社 グループ技術センター 
穴見 敏也 氏
概要 環境・燃費規制の強化にともない、自動車の軽量化に対するニーズが高まっている。なかでも、自動車重量の約1/3を占めるボディや、HEV、EVなどの次世代自動車で軽量化ニーズが大きい。そこで、自動車ボディおよび次世代自動車へのアルミニウムの適用について示すとともに、アルミニウムのリサイクルについても紹介する。
15:50〜16:30 化学的粗面化技術による金属-樹脂接合強度の向上 日本パーカライジング株式会社 加工技術センター
永井 太一 氏
概要 金属-樹脂接合技術において、接着剤を用いる場合や射出成形接合する場合には金属表面の凹凸形状が接合強度向上に対して大きな役割を担う。本講演では、アルミニウム合金や鉄鋼材料に対する湿式エッチングを利用した粗面化技術および粗面形状が接合強度に及ぼす影響について紹介する。

表面技術協会 部会講演

日程 2017年2月15日(水)13:30~16:00
2017年2月16日(木)13:30~16:00
2017年月17日(金)10:30~13:00、13:30~16:00
会場 東京ビッグサイト 東6ホール入口横会議室
参加費 参加費無料,希望者はテキスト代2,000円
※登録不要/直接会場にお越しください。
ナノテク部会 2月15日(水)13:30~16:00
講 演
1.光応答性カーボンナノチューブ分散剤  国立研究開発法人産業技術総合研究所 松澤 洋子 氏
2.結晶粒界を含む複数の核生成サイトを考慮した数値解析モデルによるアルミニウム合金の
競合析出現象の解析
 横浜国立大学 廣澤 渉一 氏
3.アルミニウム合金表面のヘテロ構造化による高耐食化技術  芝浦工業大学 芹澤 愛 氏
表面技術環境部会 2月16日(木)13:30~16:00
講 演
1.亜鉛めっき排水処理の課題と対策~巡回指導の結果から~  地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 小坂 幸夫 氏
2.化成処理と環境対応  日本パーカライジング株式会社 迫 良輔 氏
ライトメタル表面技術部会 2月17日(金)10:30~13:00
講 演
1.3次元ナノポーラスTiO2-TiN複合アノード酸化皮膜の創製および高安全性Liイオン電池負極としての
特性評価
 岩手大学 呉 松竹 氏
2.アルマイト皮膜の白色化処理  株式会社サクラクレパス 伊藤 征司郎 氏
金属のアノード酸化皮膜の機能化部会(ARS) 2月17日(金)13:30~16:00
講 演
1.リチウムイオン電池用アルミ集電体の特性と電気化学的評価手法  株式会社UACJ 技術開発研究所 斉藤 聡平 氏
2.アノード酸化ポーラスアルミナモールドを用いるロールtoロールナノインプリントプロセス  首都大学東京 柳下 崇 氏

日本表面処理機材工業会 講演

会 場:東京ビッグサイト 会議棟101会議室

2月15日(水)
13:30-16:30
参加費: 無料(講演要旨集:2,000円)事前登録制 >>こちらからご登録ください。
技術委員会主催 ~表面処理の世界を拓く~
『新製品・新技術発表講演大会』
2月16日(木)
13:20-16:50
参加費: 3,000円(講演テキスト代含む)事前登録制 >>こちらからご登録ください。
環境対策委員会主催
『表面処理の作業環境改善と排水処理技術・海外の規制動向』
2月17日(金)
13:30-16:40
参加費: 6,000円/1名(5,000円/2名以降)事前登録制 >>こちらからご登録ください。
青年会主催 ~なぜなぜシリーズ第11弾~
『今さら聞けない!! めっきの基礎・装置の基礎』
出展者の皆様へ

出展案内

出展申込書

資料請求

  • 出展者の皆様へ(勧誘注意)

 

開催概要
出展のご案内
来場のご案内
セミナー/講演
  • ASTEC/SURTECHセミナー
  • シーズ&ニーズセミナー
前回の開催報告
プレスのご案内
関連書籍
Return Top